ミッションのイメージ画像

ミッション

KAKEHASHIの想い

「医療と患者さんを繋ぐカケハシ」「医療と明るい未来を繋ぐカケハシ」になりたいということがKAKEHASHI創業のきっかけです。

日本は世界トップクラスの医療技術と医療システムを保有する国であり、世界に誇るべき長寿大国です。2060年には2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上という、前例のない超高齢化社会に突入します。日本の健康寿命を支える医療のあり方を考えることは、日本社会の将来像を創造することに他なりません。

増大する医療費、都市と地方の医療格差、過酷な医療従事者の労働環境などの課題を前に、来たる超高齢化社会に適した医療システムを創造していくことが求められています。しかし、本当に幸せな将来像を創り出すには、単なるシステマティックな効率化や構造改革だけでなく、人間と医療の本質である「温かい人と人の繋がり」を見失わないことが何よりも大事であると考えます。

私達KAKEHASHIは、ひとりひとりが日本の医療の未来を真剣に考え・行動する強い責任感と使命感を持って、日々活動を続けています。願わくば、ただの”システム屋さん”ではなく、医療従事者の方々と一緒になって日本の医療の将来の形作り、医療に「人の温かさ・安心感を創造する」主体であり続けたいと思っています。

人の温かさ・安心感を創造するためには、医療従事者が患者さんに集中できる「環境」や「情報」を提供しなければならない。多忙な業務の中で、医療にとって本当に重要な時間をどうやって増やすことができるか。そういった想いで始めたのが、薬歴システム「Musubi」です。薬歴を記載するための残業が大量に発生してしまっている、場合によっては、薬歴を記載することそれ自体が自己目的化してしまっている。Musubiは「記入」にかかる事務作業を簡易化し、患者への適切な指導に必要な情報を分かり易く提示することで、患者に対する指導の質を向上させ、薬剤師の方々が本質的な医療の提供に集中できる環境を構築します。

医療は現場が全てです。Musubiは、「薬剤師が創る薬剤師の為のシステム」として、現場の先生方と一緒に先生方が望む「理想」を「現実」にしていくことを目指していきたいと考えています。

代表取締役 CEO
中尾 豊